アミノ酸系シャンプー アミノ酸系シャンプーって? お悩み別アミノ酸系シャンプー アミノ酸系シャンプーってなに? 市販のシャンプーは洗浄力が強過ぎるためトラブルの原因に

市販されている多くのシャンプーが、石油由来のアルコール系の洗浄成分を使っています。これは、安価で洗浄力が強く、大量生産されるシャンプーの多くに使われている成分ですが、洗浄力が強すぎて、地肌に必要な皮脂まで落としてしまうため、フケや痒み、抜け毛、ダメージヘアの原因になることもあるのです。

イメージ写真 赤ちゃんでも使用できるシャンプー

それに対して「アミノ酸系のシャンプー」は、洗浄成分がアミノ酸で、地肌に必要な潤いや成分を残したまま、髪を洗う事ができます。さらにラウリル硫酸不使用、シリコンフリーなので髪・頭皮へのトラブルが少なく、一番多い「頭皮のかゆみ」「抜け毛」「スカルプ」「ダメージヘア」を改善・軽減してくれます。
また、アミノ酸は人間の体の成分に近いため刺激が弱く肌に優しいやさしいため、敏感肌・肌荒れがちな方、赤ちゃんや、アレルギーがある人でも安心して使う事ができます。
ただし、洗浄力が弱いため、パーマ剤やスプレーなどの薬剤が落としきれないという欠点もあります。

イメージ写真 シャンプーの成分を知る

シャンプーの成分は主に3種類あります。
①高級アルコール系のシャンプー…市販されている大部分のシャンプーです。特に、大手メーカーが販売しているシャンプーはこのタイプです。
②石鹸シャンプー…昔からある石鹸をベースとしたシャンプーで、自然志向の方から絶大な信頼を寄せられています。
③アミノ酸シャンプー…比較的新しく、肌にやさしい洗浄剤と注目されているシャンプーです。美容室などのサロンや、頭皮ケアを考えるシャンプーに多いタイプです。

特徴 ①高級アルコール系 ②石鹸系 ③アミノ酸系
成分

洗浄力
アルカリ性

洗浄力は高い

皮脂を取りすぎる傾向にある
アルカリ性

洗浄力は高い

皮脂を取りすぎる傾向にある
弱酸性

洗浄力は低い

皮脂を取りすぎない
保湿性 保湿性が低い

ぱさつきやすい
保湿性が低い

ぱさつきやすい
保湿性が高い

しっとりする
活性剤 ●鉱油や動植物油脂などから作られる合成界面活性剤入り
(「ラウレス硫酸Na」「ラウレス硫酸TEA」、「ラウレス-2硫酸アンモニウム」等)
●界面活性剤入り ●アミノ酸から作られる合成界面活性剤入り
メリット ●なんといっても安い
●泡立ちが良い
●洗いあがりの髪がツルツル、フワフワなので、「使用感」だけに限って言えば、満足感度が高い
●生分解性が高く、環境にやさしい。
●洗浄力が高いので、しっかりシャンプーで洗いたい時には良い。
●洗い上がりがスッキリして、爽快感がある。
●歴史が長く(古くから)使われているので安心。
●天然原料。無添加。
●低刺激性なので、髪や頭皮、肌にやさしい。
●適度な洗浄力があり、余分な皮脂を落とさない。
●紫外線によるダメージも軽減
●硬水でも泡立ちが良い。
●保湿性が高く、洗髪後にパサつきにくい。
●生分解性に優れている。
デメリット ●洗浄力が強すぎるので、頭皮に必要な皮質も取ってしまう場合がある
●刺激が強すぎるので肌が弱い方はかぶれたり赤くなってしまったり、頭皮トラブルを起こしやすい。
●洗浄力が高すぎ、余分な脂分(皮脂)を取り去ってしまう。
●洗い上がりの髪の手触りが悪く、キシミやすい。
●洗浄力が高すぎるので、ヘアカラーの退色も早い。
●アルカリ性のため、肌に刺激がある。
●泡立ちが、温泉などの硬水や頭皮の分泌物の状況で、悪くなる場合がある。
●人によっては、フケなどが多くでる。
●石鹸カスが残留しやすい。
●保湿性が高く、髪が重たくなりがちで、髪の毛のボリュームを出しにくい。
●原料の価格が高いため、商品価格もやや高い。
こんな方に
おすすめ
・シャンプーにこだわらない方
・頭皮が普通~脂っぽい方 
・肌の強い方
・自然志向な方
・肌や頭皮が強い方
・頭皮が脂性の方
・しっかり洗いたい方
・ダメージヘアの方
・皮膚が弱い方
・抜け毛の方
・髪をよく洗う方

※高級アルコール系シャンプー…高級とは「炭素数が多い」という意味です。

アミノ酸系シャンプーは価格が高めという欠点こそありますが、最近では長い目で見たときの健康な頭皮の維持、育毛や美しい髪作りのために、アミノ酸系シャンプーがすすめられているのです。毎日使うものだから頭皮、髪に合ったものを選びましょう!

どのアミノ酸系シャンプーを選ばばいいの?という方にさらに髪・頭皮環境、悩みに応じたシャンプーに分けました。

  • ダメージヘア
  • ヘアカラー

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ